育乳ブラのメリットとデメリット!

育乳ブラのメリット

 

バストケアやバストアップに人気の育乳ブラ。
補正下着の仲間で、つけることで美しいバストラインを維持したりすることができます。

 

そんな育乳ブラのメリットとデメリットって何なのでしょうか?

 

今回は育乳ブラのメリットやデメリットを紹介しますね。

 

☆育乳ブラのメリットって?

 

育乳ブラのメリットは

 

1.ボディラインを美しく整えられる
2.綺麗なラインの洋服を綺麗に着こなせる
3.バストの形を綺麗に整えられる

 

です。

 

 

ボディラインを美しく整えられる

育乳ブラは背中や脇に流れた脂肪を寄せ集めて定着させるブラなので、そのうえから服を着るとボディラインが美しく見えます。
毎日つけ続けると、ボディラインを綺麗にすることができるのです。

 

綺麗なラインの洋服を綺麗に着こなせる

育乳ブラは体型補正効果もあるので、身体のラインが出るドレスやパンツでも綺麗に着こなすことができます。
着たい服を綺麗に着こなすことで、毎日をポジティブに過ごしたり、周りの視線も変わってくるかもしれません。

 

バストの形を綺麗に整えられる

育乳ブラをつけることで、バストが離れたり垂れるのを防止します。

 

☆育乳ブラのデメリットは?

 

育乳ブラのデメリットは

 

1.値段が高い
2.スリム体型の人ではバストアップできない可能性がある

 

値段が高い

普通の下着の場合、セットで3000円前後のリーズナブルなものがあります。
育乳ブラの場合補正下着の一種なので、ブラジャー1つで1万円超えてしまうものが多いです。
毎日つける場合洗い替えが必要なので、2〜3枚必要となり、痛い出費になってしまうかもしれません。

 

スリム体型の人ではバストアップできない可能性がある

 

育乳ブラは余計な脂肪をバストに持っていって、バストアップするものなので、余計な脂肪がないスリム体型の方にはバストアップ出来ない可能性があります。

 

ただ、形を綺麗に保つにはオススメかなと思います。

 

育乳ブラはつけるデメリットよりもメリットのほうが多いので、ぜひつけてみてくださいね。